【効果バツグン】好きな人を振り向かせる方法8つ

好きな人を振り向かせる

いくつになっても、いつの時代でも恋愛問題は常につきまとう問題です。

人を好きにならなくなると言う事はいつまでも無くなりはしません。しかし、いくら好きでも常に思った通りにはなりません。

どれだけ相手を思っていても、それだけで相手を振り向かせる事は、中々難しい事です。

しかし、好きな人には振り向いて欲しいと考えるのが、人情と言うものです。

好きな人が自分のものではなく、他の人のものになるなんて事は耐えられません。

心理学では、恋愛に限らず、他者に好意を持たれる、他者に気にしてもらえるテクニックがあります。

また、恋愛上手な人の技を参考にするのも、好きな人を振り向かせるには大変役に立ちます。

まずは相手が自分をどう思っているかを知り、それを基準に対策を練る事も必要です。

今回はそんな好きな人を振り向かせる為の心理テクニックについて話していこうと思います。

 

【効果バツグン】好きな人を振り向かせる方法8つ

 



 

まずは自分自身に自己暗示を


 

ことわざに『自分が嫌いなら相手も嫌っている』と言うのがありますが、これは逆も然りですし、恋愛における熱量にも関係してきます。

自分が強く相手を思っていないのに、相手が振り向く事はありません。

相手を振り向かせる心理テクニックを使う前に、まずは自分自身に問い掛けてみましょう。

果たして自分はどこまで相手を好きなのか? どれだけ相手を求めているのか?

人は、相手の強い感情に揺り動かされます。

そこに情熱が無ければ、ただひたすらテクニックを使っただけで、簡単に事が運ぶと言う事はあり得ません。情熱が人を動かすのです。

『一生愛する、一生一緒にいる』と言う感情で無くても構いません。

とにかく今、現在において自分がどうしても相手を好きで、相手をモノにしたくて仕方が無い気持ちがあるかが重要です。

また、違った方向から見れば、そう言う感情になる様に自己暗示をかけることが必要です。自分は相手をとてつもなく好きだ、どうしても欲しいと暗示を掛け続けましょう。

思い込みもまた、充分、熱量を帯びているものです。

 

ミラー効果で同調効果を得る


 

心理学のテクニックで『ミラー効果』と言うのがあります。『ミラーリング効果』とも言います。

これは簡単に言えば、相手にとっての投影に、自分自身がなる事で、身近さを演出する事です。

例えば

・呼吸を合わす
・相手が腕組をしたらタイミングを計って自分も腕組をする
・カフェなどで同じものを注文する
・同じものが好きである

などの同調効果を狙います。『真似』ではなく、『同調』です。

ただの真似は、相手を不快にさせるだけかも知れませんので、タイミングを考えながら使う必要があります。

 

ボッサード効果で相手と自分の距離感を確認する


 

人には『パーソナルスペース』と呼べるものがあります。

これは端的に言うと『縄張り』と言っても良いでしょう。警戒心が必要な相手は、この距離に入れないものです。

これは意識して行っているのではなく、無意識下で距離を保っているのです。

単純でありながら、最も距離を知る有効な手段であるのが『ボッサード効果』なのです。

好きな相手にどこまで近付ける事が出来るか、少しずつ距離を縮めながら確認しましょう。

多くの場合、個人の差こそあれど、基準値は50cmから60cm内がパーソナルスペースです。

この距離感に入る事が出来るとすれば、相手が自分を悪からず思っている事が判ります。

 

ゲインロス効果でギャップを演出する


 

心理学では、『ゲインロス効果』と言うものがあります。

これはかいつまんで言うとギャップです。

良く漫画やドラマで、人に気を許さない不良が、雨に濡れた捨て猫を拾って可愛がったりする様なケ―スを指します。

しかし、都合良く捨て猫がいる訳ではありませんし、自分のキャラクターが、常にクールで強面とは限りません。そこで、ゲインロス効果を『ツンデレ作戦』と呼び変えます。

例えば、こう言う例があります。

あるコミュニティで、絶大な人気を持つ人がいます。モデルをしたり、コミュニティ内の異性のほとんどがその人を狙っています。

こう言う場合は、他の人と同じ様にその相手をチヤホヤしてはなりません。

全く興味が無い振りをします。話しもろくにしません。加えてその人以外には、愛想よくします。チヤホヤされて当たり前と思っているその人は、次第にあなたが気になります。

そこで、ある程度の時間の経過を果たした後、偶然を装って2人になる空間を作ります。その時にこれまでになく愛想よく話したりすると、相手の自分に対する印象がガラっと変わってしまうのです。更には、嫌われていなかったと言う安心感が生まれます。

こうなれば完全にイニシアティブは自分にあります。

相手は『安心感』を『愛情』に深層心理下で置き換え、あなたを好きだと思ってしまうのです。

こうして、自分でゲインロス効果の状態を作り上げていけば、相手を振り向かせる強い味方になります。

 

『相補性の法則』で相手が持っていない利点のアピール


 

ミラー効果で『類似性』の効果に言及しましたが、恋愛で良くありがちなパターンは特に外見においてありがちですが、自分が持っていないモノを持っている相手に惹かれるものです。

例えば、ふくよかな人に対して痩せ型の人、高身長に対して低身長、そんな間逆のカップルが意外と多い事に気付きはしないでしょうか。これは『相補性の法則』と言えます。

自分にないものを相手が持っている事で、自分の不足分を補う行為です。

これは意識して行っている訳では無く、人間の潜在意識下で求めている行為なのです。

体型を変える事は、たまたま間逆の相手を好きにならない限り使えない手ですが、ファッションや、考え方等で演出する事は出来ます。過剰に相違を演出すると、類似性の法則が無駄になるので注意が必要です。

出来るだけ、表層上の相違を演出しましょう。

 

『ドアインザフェイス』でハードルを下げる


 

人間とは不思議なもので、最初に高い要求をすると、次の低めの要求はOKし易くなる性質を持っています。

例えば、仕事の契約の場で突拍子もない価格を提示してから下げると安く感じます。

また、他の例として外食の際に5千円、8千円、1万円のコースがあった場合、一番安いコースを頼みたいのが人情ですので、5千円のコースを頼もうとしている人に8千円のコースを勧めてもオーダーしません。

しかし、1万円のコースを8千円にしますよと言うと、同じ8千円の支払い額にも関わらずバイアスがかかって安く感じてしまい、結局8千円のコースをオーダーして満足してしまうのです。

これは恋愛にも使えます。

『結婚して欲しい』と言う高い要求を最初にすれば、当然ノーと言う答えとなるでしょう。しかし、その上で『じゃあ、付き合うだけでも』と言うと意外とスンナリ行く場合があります。

これには付き合ってもいないのにまず結婚ありきで話された事で、ハードルが高い事と、無意識に交際している錯覚にも陥るのです。それ故、次の問いへの答えのハードルが低くなると言う事です。

ハードルは高ければ高いほど効果があります。

 

『吊り橋効果』で共有意識を芽生えさせる


 

映画などでも良く恋が芽生えるパターンとして、『危機感の共有』と言うものがあります。

これは心理学的に言う『吊り橋効果』の一つです。

不安定要素の強い場所では、人の意思は弱くなります。

その上で、感覚の共有を図る事で相手が自分を好きなる可能性が高まります。また、これは日常空間では無く、非日常空間にある為、より共有意識が強く働くのです。

この方策は、女性が男性にと言うよりは、男性が女性に使って効果のある方法ですが、現代は男性の女性化も進んでいますのでどちらも効果を発揮する可能性はあります。

非日常で、相手が恐がる場面では、相手が自分に求めるものが多くなり、依存心も強くなるのです。そこで、問題の解決を図れば単純な図式で好きだと勘違いしてくれるのです。

 

『思い込みの法則』で最大の理解者になる


 

例えば、テレビなどで霊能者や占い師、スピリチュアルカウンセラーが使うテクニックですが、事前調査さえしておけば差して難しい方法ではありません。

彼等が行っている事は、実際に霊が見える、オーラが見えると言う事では無く、誘導型の心理テクニックに過ぎません。簡単に言えば詐欺です。

しかし、個別で行う分、金銭の授受が発生しない場合は、ただの心理テクニックに過ぎません。

まずは簡単な事前調査をして、表層上には出て来ない相手の心理を探っておきます。

2人で話す機会がある時に、それをあたかも『自分だけがあなたの深層心理を判っている』と言う体で言い当てる振りをします。これで相手はあなたが最大の理解者だと思い込みます。

その上で告白するのですが、この場合『好きです。付き合って下さい』では駄目なのです。

付き合ってと言うまでの間に何度も繰り返し『あなたは深層心理下で既に好きになっている』と決めつけるのです。

先に最大の理解者であると相手は思っているので、本来好きだとは思っていなくても、そう言われると、本当に心の奥底では好きになってしまっているのではないかと考えてしまうのです。

その後は刷り込みの様に、話しの合間合間に『もう好きな筈』と繰り返します。そして、『運命』と言う言葉も多用する様にしましょう。『自分を判ってくれるのはこの人だけ』と認識しているので、運命と言う言葉に信憑性が出て来るのです。

『付き合って下さい』ではなく『付き合うべき』と言うスタンスが重要なのです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

こう言っては何ですが、恋愛は単なる思い込みであり、幻想です。

何か形がある訳でも、保証もありません。ただの漠然とした思いと、生物としての自然な反応に過ぎません。

よって、心理テクニックを知ることで相手を暗示にかけたり、相手に思い込ませるだけで成功率はグンと上がります。

恋愛が確かなものであったならそんなテクニックは通用しない筈です。

しかし、これが通用すると言う事は、言葉は悪いですが、どれだけ上手く、深く洗脳出来るかが好きな人を振り向かせる心理テクニックと言える訳です。

深層心理や、無意識下と言う事に言及していけば、意外と人は信じ易くなります。振り向かせるのではなく、思い込ませる、これが恋愛における心理テクニックなのです。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント