打たれ弱い性格の女性が成長するには?

打たれ弱い性格

多かれ少なかれ、自分が打たれ弱い性格かもしれないと感じたことがある人は多いのではないでしょうか?

ささいなことにも傷つく自分に嫌気がさし、もっと強くなりたいと思っても具体的にどうすれば良いかわからない。

そんなことありませんか?

傷ついた心にとらわれ、委縮してしまい、いろいろなことを経験するせっかくのチャンスを逃してしまうことは、非常にもったいないことです。

また、傷ついた出来事こそ、自分や相手を知るチャンスでもあります。

今回は、打たれ弱い性格というものがどのようなものかを解説しながら、具体的にどのように克服していけば良いか、お伝えします。

 

打たれ弱い性格の女性が成長するには?

 



 

自己否定型タイプが打たれ弱い性格を克服するには?


 

一口に打たれ弱い性格といってもタイプがいろいろあります。

まずは、自分を否定しすぎてしまう、自己否定型タイプから解説していきましょう。

・朝挨拶をしても上司が返してくれなかった
・私が休憩室に入るとみんなが会話をやめた
・みんなでやっていたプロジェクトがうまくいかなかった

これらすべてに対し「私のせいだ」と考えてしまう人は、自己否定型タイプといえるかもしれません。

これは、非常にしんどいです。しかも、悪いことが起きると、余計そう感じてしまうので、厄介です。

このタイプの方は、「すべての物事は自分のせい」という考え方のクセがあります。

これは、無意識のうちに髪を触ったり、鼻をこすったりするようなものと一緒で、成長していく中で自然に身についたものです。

残念ながら、「自分が悪い」と感じてしまうのは、長年の生活でつちかわれた思考のクセであるため、その価値観はそう簡単には治りません。

ですから、まずはこの思考のクセを、自覚するところから始めましょう。それだけでも、気持ちが少し楽になります。

その後、次のステップとして、たとえば、上に書いた上司が挨拶をしてくれなくて、「私が悪いのかな」と思った場合は、もう一度よく上司を観察して、別の可能性を考える訓練をしてみましょう。

本当は上司は家で家族とけんかをしていたから機嫌が悪く、あいさつを返さなかっただけかもしれない…といった感じです。

余計に自己否定する思考のクセがすこしずつ矯正され、プラス思考で考えられるようになっていくでしょう。

 

プライド高すぎタイプが打たれ弱い性格を克服するには?


 

自己否定型タイプと少し違った打たれ弱い性格なのが、このプライド高すぎタイプです。

自分はもっと評価されるはず。一番優秀と思われているはずなどと、根拠のない自信に満ち溢れるタイプです。

それに比例して、他人に対しても攻撃的であることも多いです。

それはなぜかというと、根本的には自分に自信がなく、他者からの評価を一番の自分の基準にしているためです。

周りとの競争意識から、自分を素晴らしいと思うことによって守っているのです。

そして、弱い自分を認めたくないから、本当のことを知ることが怖くて、相手を攻撃し、「私には攻撃しないで」と全身でアピールしているのです。

最近、周りから評価されず辛い、おかしいと思っている人は、自分を振り返り、本当の自分の能力と、他者の能力を冷静に見つめる目が必要でしょう。また、ダメなところも含め自分を認めてあげることも必要です。

 

自分がなさすぎタイプが打たれ弱い性格を克服するには?


 

プライド高すぎタイプとよく似ていますが、この自分がなさすぎタイプも他者からの評価を非常に気にしています。

少しでも他人が不機嫌な態度をとったり、嫌な雰囲気になったりすると、自分の意志とは正反対でも周囲に同調しようとします。

しかし、そういった態度が通用しない場面になると、途端に打たれ弱い性格が露呈してしまいます。

ある程度妥協することも必要ではありますが、流されすぎると信用も無くしてしまうため、注意が必要です。

あとは、嫌われてもいいという気持ちも必要です。

どんなタイプの人も、すべての人に好かれることは、不可能です。人に嫌われる、傷つけられることを恐れすぎていては、自分を失ってしまいます。

まずは日記を書くなど、自分の本当の気持ちを客観的に見ることから始めましょう。

 

大げさに考えすぎるタイプが打たれ弱い性格を克服するには?


 

自分がなさすぎタイプの人もそうですが、この大げさに考えすぎるタイプの人も、臆病さから打たれ弱い性格になっていると考えられます。

例えば、「この道具はここじゃなくて、ここに置いておいてね」と先輩から指摘されたとします。

そういった指摘を「怒られた」と解釈し、自分で勝手に傷ついてしまう。こういった思考のクセをもっています。

怒られたと感じたら、そのショックはまず横に置き、今後どうすれば良いか建設的に考えていくクセをつけていけば、徐々に辛い気持ちも楽になるでしょう。

 

あらかじめうまくいかないと逃げるタイプが打たれ弱い性格を克服するには?


 

仕事に向き合うときや、人間関係で

「どうせこの仕事はうまくいかない」
「私なんか好かれるわけない」

など、すでにあきらめている人も、結局は傷つきたくないからという打たれ弱い性格の元、このような考え方になっています。

うまくいかなくなった際、「やっぱりそうなると思ったんだよね」と考えることで、心を守っています。

しかし、その考え方では、人としての成長が望みにくいことは誰しもわかることでしょう。それに、どうしても逃げられない状況になったとき、非常に傷つくことになってしまいます。

この考え方を変えることはなかなか大変ですが、なぜ、うまくいかないと感じるのかをもっと掘り下げて具体的にすることで、リスク管理にもつながります。

小さな物事からでも良いので、真正面から向き合う癖を徐々につけていくことが人間としての成長につながります。

 

まとめ


 

打たれ弱い性格について、5つのタイプと克服の仕方をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

結局のところ、すべてのタイプに共通しているのは

「思考のクセ」
「自信のなさ」

があなたを苦しめている原因なのです。

まずは、自分を知るところから始めましょう。日記など書くことによって振り返るのは、自分一人でできるのでおすすめです。

自分がどんな思考のクセがあるのか、自分の感覚は果たして真実なのか、周りの状況を見ながら検討する。

このことを繰り返すことで、徐々に自信もついていくでしょう。

そして、打たれ弱い自分を認めてあげましょう。それは、別に悪いことではないのです。

打たれ弱いということは、それだけ感受性が豊かということでもあります。

そういった感性を大事にしながら、女性らしい、やわらかな強さを手に入れていきましょう!

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント