父親が嫌いな人の特徴と、嫌いな父親との向き合い方

父親が嫌い 特徴あなたにとってお父さんとは、どういう存在ですか?

大きな背中、頼れる存在、厳しく優しく見守る包容力の象徴、それとも、暴力的でいつも怒鳴っているようなイメージでしょうか?

ほとんどの父親は外で仕事をしている時間が長いため、父親と長い時間を一緒に過ごすことはあまりないと思います。

だからこそ、一緒にいる時間をどう過ごすかで、父親との関係が大きく変わります。

父親が嫌いという人は、父親とどのように過ごしたのでしょうか? また、どのような特徴を持っているのでしょうか?

 

 

父親が嫌いな人の特徴と、嫌いな父親との向き合い方

 



 

父親を嫌いになる原因とは


父親が嫌いという人に、子供のころ父親はどうだったかを聞いてみると

「高圧的で、いつも偉そうに威張っていた」

「高圧的で自分を嫌っているように見えた」

「お酒が好きで、飲むと母親や自分たちに暴力を振るわれた」

などという意見がありました。

父親を嫌いになるのは、主に高圧的な態度と暴力を振るわれたことが原因のようです。

思春期に父親に反抗することは、息子であっても娘であっても、同じようにあります。

息子は思春期になると、同性として父親という大きな存在に憧れる反面、反抗心を持ちます。

異性である娘は、父親の「男性」としての面を見出し、接触を嫌がったりするようになります。

これらは正常な「成長」の一環であり、嫌いになることとは違います。

 

子供にとって大きな、父親という存在


「父親」という存在は、家庭においてどのような役割のイメージがありますか?

一家の大黒柱、困ったときに一番力になってくれる存在、父親が家族のために働いてくれるからこそ安定した生活が送れる、そういったイメージではないでしょうか?

最近では、仲が良くて、成人しても一緒に食事に行ったり、飲みに行ったりするような気さくな関係の父子もいます。

思春期に父親を嫌いになりがちな娘と、デートのようなお出かけをしたりする父親も少なくありません。

父親にとって、娘は目に入れても痛くないほどかわいいもの。大きくなってからも喜んで一緒に出掛けてくれることは、父親としてはとても嬉しいことです。。

ひと昔前の「父親」という存在は、絶対的で頑固、言うことを聞かなくてはいけない厳しい存在でした。もちろん、今でもそのような父親はいます。

ただ、その厳しさが度をすぎると、高圧的で偉ぶって見えたり、時に厳しいしつけとして暴力をふるうことになります。

また、アルコール依存症やギャンブル依存症から暴力を振るうようになることもあります。

そのような父親のもとで子供時代を過ごしていれば、父親が嫌いになってしまうのも当然です。

 

父親が嫌いな人の特徴


父親が嫌いな人には、いくつかの共通した特徴が見られます。

その特徴に当てはまったからといって、必ず父親を嫌っているというわけではありません。傾向として参考にしてください。

 

1.高圧的で人を見下している


家で母親や子供に対して偉そうに振る舞う父親を見て育ったために、子供も同じように人を高圧的に見下すようになります。

子供にとって、父親は倫理観や社会性の象徴です。それを知らないうちに見習ってしまいます。

 

2.いつも不安でイラついている


会社でストレスやトラブルを抱え、それを家庭に持ち込み、引きずっている父親を見て育つと、子供も同じようにいつも不安でイライラするようになります。

親は子供にとって見本です。いつも不安そうでイラついている親を見れば、子供も自然とそのような性格に育ちます。

 

3.子供とどう接していいかわからない


仕事に夢中になっているなどの理由で、家庭をかえりみない父親のもとで育つと、子供と接する父親の見本がないため、自分の子供に対してもどう接していいかわからなくなります。

子供は自分が接してもらったのと同じように、自分の子供や他の子供に接するようになります

父親という存在が子供とどう接するかの知らなければ、わからなくなるのも当然です。

 

4.承認欲求が強すぎる人間になる


父親に認めてもらうことは、とくに同性である息子にとっては何よりも嬉しいものではないでしょうか。

がんばればほめてくれる母親とは異なり、父親はがんばったこと以上に、がんばって残した結果を重視する傾向があります。

どんなにがんばっても正当に評価してもらえないと、大人になってから「認められたい」「注目して欲しい」「ほめてほしい」という承認欲求の強い人間に育ちます。

 

嫌いな父親とうまく付き合う方法


上記のような理由で父親を嫌いになることもありますが、しかしやはり、親子関係は切っても切れないもの

できることなら良好な関係を築いて、お互い気持ちよく付き合いたいですよね?

では、嫌いな父親とは、どのようにして接していけばいいのでしょうか?

 

1.父親とうまくいかない原因を探る


顔を合わせばいつもケンカになり、感情的になってお互いの話をろくに聞こうともしないこと、あると思います。

そんな時には、一度冷静に自分の頭の中を整理する必要があります。

どうして父親とうまくいかないのか、父親のどんなところが嫌いなのかなどを紙に書き出してみましょう。

きれいに並べて書く必要はありません。

心の中に浮かぶ、最近父親とうまくいかなかったこと、こういうところが嫌い、などを書き出して冷静に分析してみると、父親が嫌いな原因がわかってきます。

それを父親と話し合ったり、自己完結させたりしながら、関係を改善することもできるでしょう。

 

2.物理的に距離を置く


同じ屋根の下に住んでいれば、ケンカして当たり前。

しかし、嫌いになるほどのケンカや確執がある場合、同じ空間、同じ家に住んでいるだけで不満が募り、イライラしてしまうでしょう。

そんな時には、一時的にでもいいので引っ越して物理的な距離を置いてください。

距離を置くことで、お互いそれまで知らなかった相手の気持ちに気づくこともあります。

そこから少しずつ、理解を深めていくこともできるでしょう。

 

3.自分はそうならない、という反面教師にする


高圧的で暴力を振るったり、アルコールやギャンブルに依存したり、家にほとんどいないためにコミュニケーションをとることができなかったことが原因で父親を嫌いになった場合、その辛い思い出を「自分はそうはならない」という反面教師として受け入れるのがよいでしょう。

息子からすれば、父親には頼れる存在でいてほしいですし、娘からすれば、甘えられる存在でいてほしい、そういった願望があると思います。

そうでない事実を受け入れることはとても辛いことですが、その辛さを自分の子供に引き継がないよう、人生の教訓として生かすようにしましょう。

 

4.父親もひとりの人間であると理解する


社会に出て責任のある地位についていれば、その重圧からストレスを抱えて、時にはイライラしたり、八つ当たりをしてしまうこともあります。不機嫌になることもあるでしょう。

頼れる存在でいてほしい父親も人間です。間違うことも、悩むことも、判断を間違ってしまうこともあります。

自分が大人になれば、あのときの父親の気持ちがわかる・・・そういうこともよくあります。

 

まとめ


素直に愛を伝えられる母親と違い、男性である父親は、照れくさくて愛情を素直に出すことが苦手な人が多いです。

時にその照れ隠しが、冷たく無関心に受け取られることがあります。

父親とは「不器用で恥ずかしがり屋」なもの。

そうとらえると、父親の態度を好意的に見ることができるかもしれませんね。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント