性格悪い女について誰もが知っておきたい8つのこと

性格悪い女老若男女問わず性格が悪いと感じる人がいます。特に会社と言った小規模のコミュニティでは嫌な人を避ける事は困難です。

中でも、性格悪い女の人と言うのは、性質がかなりひどいです。

女性が多い会社では、静かな戦争が常にあると言っても過言ではありません。

そう言う相手には『障らぬ神に祟りなし』とばかりに交流せずにいたいものですが、そう言う人に限って何故か社交性が強く、絡んでくるものです。

あからさまに避けようものなら、どんな事態が待っているか判りませんし、同じく反抗してみても後々が面倒で結局何も出来ずにいるしかありません。

そんな性格悪い女の人について、じっくり考えていきましょう。

 

性格悪い女について誰もが知っておきたい8つのこと

 



 

陰口や他人を否定しかしない


 

性格悪い女は、とにかく陰口や噂話が好きです。全く関係の無い事にでも何でもかんでも首を突っ込んできます。

こう言う人は悪い意味で他人の観察を怠りません。仕事よりも人間観察、これがこう言う人の生き甲斐でもあるのです。

他人の粗探しをしては、「こいつは駄目」、「こんな考えは駄目」と否定のみで断じます。

その割には、その悪口の対象者の前では良い顔をしていると言う面の皮の厚さです。

 

感情が一定しない


 

性格悪い女は、外的要素に簡単に影響されます。

心理学的にこう言う人は、自分自身に自信が無く、攻撃的な姿勢で優越感を持つ事で心のバランスをやっと保っている人なのです。

その為、ちょっとした事で影響され易い性質があるのです。

よって、とにかく1秒前は笑っていたかと思うと、その1秒後には鬼の形相になっていたりします。

当然、それに応じて言動も変化します。

昨日良かった事が、今日は悪い事になってしまうほど一貫したモノがないのが特徴なのです。

 

常に仮想敵を作りたがる


 

性格悪い女は、必ず敵を作りたがります。

性格ゆえに敵が出来てしまうと言う事はもちろんありますが、自分のポジションを確立する為にわざと敵を作るのです。

つまり、自分が属するコミュニティ内で、自分が中心で敵を作ることで、自分自身を安全な位置に置く事と、自分のアンディティティを成立させようとするのです。

敵の敵は味方と言う考え方で、昨日まで嫌いで敵視していた相手であっても、今日新しい敵を作る事で昨日までの敵を味方につけます。

結局は、真の意味で相手に対して嫌悪を抱いているのではなく、自分自身の確立の為に敵を作るのがこう言う人の特徴なのです。

 

妙な流行感覚が身についている


 

流行と言っても、服装などのファッションではなく、流行り言葉などのトレンドをやたら取り入れて来る事を指しています。

しかし、大抵は間違った捉え方をしており、『自然体』、『毒舌系』、『サバサバ男系』などの人間性を表すトレンドをすぐに言いたがります。

結局は言い訳に過ぎない場合が多いのですが、それが格好良いと勘違いしているのです。

自然体は勝手きままでワガママと言う事ですし、毒舌系は芸能人だけに許されることを一般人である自分も免罪符になると思い込んでいるのです。

サバサバ男系はガサツで、男には媚びないサッパリした自分をアピールしたいだけですが、自身の口で言う場合は、間逆である場合がほとんどです。

 

自慢話が多い


 

性格悪い女の人は、とかく自慢話が多いものです。しかも、先に謙遜を入れておいて最終的に自慢をすると言うのが典型的なタイプです。

また、ただ単に自慢話をするだけではなく、誰かの話に「私も~」、「私は~」など被せてより自分が上である事を示したがります。

こう言った人は、訊いてもいないのに唐突にこの手の話を持ち出しては、うれしそうに延々と話すので、周囲はウンザリします。

ですが、周囲のウンザリ加減が判らないのも性格悪い女の特徴でもあるので、最悪です。

 

相手によって態度が変わる


 

同性同士では、これが一番カンに障るところではないでしょうか?

特に、女性の前と男性の前では著しく態度が違うだけではなく、他人を貶める(おとしめる)様な言動もします。コンパなどの場では、その手の性質が顕著です。

終始、男性に媚びる様な態度でいますが、好みの男性がいないと女性同士の時よりも更に態度が悪かったりします。

どちらにしても、場の雰囲気を壊すデストロイヤーと言えます。

また、自分の立場を守る為、社内などではとにかく地位の高い人に必死に媚びます。とにかくその変わり身の早さに驚いてしまうものです。

 

性格が悪くなる要因とは


 

性格が悪いのは、何も生まれつきと言う訳ではありません。

多くは後天的なもので、家庭環境やそれまでの人間関係など色々な要素で形成されていきます。

また、性格が悪いと言う事は、他者に対する攻撃性や、嫉妬心が強いと言えますので、劣等感の塊の様な人である可能性が極めて高いと言えます。

更には、性格悪い女の人は一種の強迫観念症と言え、コンプレックスが故に完璧な自分でなければならないと考えているのです。

しかし、完璧な人間になるのは極めて難しい事です。

そこで、こう言う人は嘘をつき、演じ、他人を貶める事によって自分の立場を高めようとするのです。

性格悪い女の人に虚言癖が多い事もその事の現れであると言えます。

 

一矢報いたい時は


 

性格悪い女の人は、虚言癖である可能性がとても高いので、それとなく嘘を皆の前で暴いてみるのが良いかも知れません。

ですが、飽くまで何となくと言った具合で行いましょう。

あからさまにすると、すぐに敵扱いになりますので面倒が多くなります。

こう言った人は、かなりの確率で自慢話が虚偽である可能性が強く、少し調べてみればすぐにボロが出てきます。

それを人が集まった場でサラリと指摘すると、狼狽すること間違いないので少しはやり込める事が出来てスッキリするでしょう。

それ以外は、一種の社会不適合者、妄想虚言癖の疾患のある可哀想な人なのだと放っておきましょう。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

性格悪い女の人は、どこにでもいるものです。いちいちマトモに受け止めていては、こちらの精神衛生上良くありません。

レベルの低い人なのだと認識して、放っておくのが一番です。そう言う人の周りからは、いずれ誰もいなくなります。

敵視されたとしても、それがいつまでも続く訳でもないので構わない事が一番なのです。

しかし、間違えてはいけない事は、自分が好きではない、自分が認められないと言う理由で相手を性格が悪い人と決めつけてしまう事です。

自分と合わないから性格が悪いと言う事はありません。

ここを間違えると、あなた自身が性格が悪い女に成り下がってしまいますので、気を付けましょう。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント