自分のペースに巻き込む7つの心理操作術

    自分のペースいますぐ、自然な流れで、相手に気付かれずに『自分のペース巻き込む』ことができるとしたら、何を思い通りにしたいですか?

    自分の思い通りにコトを運べたら・・・そんな場面に遭遇することは多いものです。

    こんなとき、『自分のペースでコトが運べたら、どんなにか楽だろう』と思うものです。そして、相手を『自分のペースに巻き込みたい』衝動に駆られます。

    その悩みを解決する答えがここにあります。

    特別なテクニックを必要とするものではありません。

    ここに書いてある心理操作術を学び、人の心の癖を活かす秘訣を体感してみてください。相手の心情を刺激せずに自然な流れで『自分のペースに巻き込む』ことができます。

    絶対に見逃さないでください。

     

    自分のペースに巻き込む7つの心理操作術

     



     

    あなたが相手の『フトコロ』に入る


     

    『自分のペースに巻き込む』ためには、あなたが相手の『フトコロ』に入ることです。逆転の発想です。

    あなたが『相手のペースに巻き込まれる』ことがポイントです。

    あなたが相手のペースに巻き込まれることで、相手は自分のペース巻き込んだと錯覚し、満足感で心が満たされことで、あなたへの警戒心が薄れ、心を開くようになります。このタイミングを逃さずに、あなたは自分のペースに巻き込むための心理操作を活用してください。

    あなたは、このタイミングを逃さずに相手に最も伝えたいことを語り、心を掴むことです。

    すると相手はあなたの言葉を受け入れてきますので、『自分のペースに巻き込む』ことができます。

     

    相手に優越感を抱かせる


     

    人は『優越感』に浸ると安堵感とともに心が開放的になるものです。

    相手に優越感を抱かせて、相手の心を開かせることです。

    あなたは、相手の心を『私の方が優れている』という優越感に導いてください。

    このためには、あなたは自分には持ち合わせていない優れた面を相手の中に見つけ出すことがポイントになります。

    相手の優れた面を見つけ出し、無理なく強調しながら会話の中に織り交ぜるだけで、相手は大きな『優越感』に浸り、あなたに心を開き始めます。

    このタイミングを見逃さずに、あなたは最も相手に解かってもらいたいことを話し始めるのです。

    ゆるやかな口調で語り出したあなたの言葉は、自然な流れで相手の心に優越感と共に入り込んでいきます。

    あなた自身も『自分のペースに巻き込む』という『力み』を感じずに、気づいたら『自分のペース』になっていたと密かな感動を味わうことができます。

     

    相手を信頼しているとアピールする


     

    人間関係で最も大切なことは、お互いの間に『信頼関係』が築かれることです。

    信頼関係は、お互いの心の通じ合いから生まれるものです。

    ですから、会話の中から、あなたは共感をもてる相手との共通点を一つでも見つけ出すことです。

    共通の話題や共通の価値観を見つけたら、『お蔭さまで心強くなった』という言葉を添えながら相手に信頼感を抱いていることを伝えてください。『あなたのお蔭で助けられた』とアピールしてください。

    相手は信頼してくれるあなたに、自然と心を開いていきます。

    このタイミングに、相手に伝えたいことを話し始めると、話の流れに乗るようにして『自分のペースに巻き込む』ことができます。

     

    自分の心の隙を相手に見せる


     

    人は心の隙を見せる相手に次第に、自分の心の隙を見せ始める傾向があります。

    人間関係の中では、お互いに心の隙を見せずに関係を築いていくことが多いです。こうした関係では一定の心の距離感が残り、少なからず相手への警戒心も芽生えてきます。

    大切なことは、警戒心が芽生える前に心の隙を相手に見せて、相手が持つ警戒心を払拭することです。

    相手の心から警戒心が消えると、心の中に隙が芽生えてきます。このタイミングに相手の心に入り込む言葉を語り始めるのです。

    相手の心は、あなたの言葉に揺れ動き、惹き込まれていきます。

    こうして、相手の心の変化に乗って、あなたは『自分のペースに巻き込む』ことができます。

     

    相手を褒める


     

    人は褒められると、褒めてくれた相手のことを最良の理解者と思い込むものです。

    あなたは、相手が『褒めて欲しい』と密かに望んでいるポイントを見つけ出して遠慮せずに褒めてあげることです。

    相手の心は『褒められた』感で有頂天になっていき、心は浮足立ってきます。

    このタイミングに相手の心を掴む言葉をさり気なく語り始めてください。

    あなたの言葉は、無防備のまま抵抗なく相手の心に流れ込みます。これで相手を『自分のペースに巻き込む』ことができます。

     

    自分の弱点を相手に見せる


     

    自分の弱点を、あえて相手に気付かせてください。

    相手は、あなたの弱点を掴んだという優越感と満足感に浸ります。

    このタイミングに相手の優越感、満足感を助長するような言葉を織り交ぜながら、相手に解かってもらいたいことを何気なく語りかけることです。

    あなたの弱点を掴んだ相手の心は、あなたの語りから更なる弱点を掴もうとして夢中になります。このときが、あなたにとって『自分のペースに巻き込む』絶好のチャンスです。

     

    相手に安心感を与える


     

    職場やプライベートでの人間関係の中で、相手に心を許すきっかけとなるのは、相手に安心感を抱くときです。

    ですから、あなたは『自分のペースに巻き込みたい』相手に安心感を与えることです。

    あなたは、相手との会話の中で、あえて『油断をして自分の恥ずかしい面をさらけ出す』ようにします。相手は、知ってはいけない、あなたの一面を知ったことで、あなたへの警戒心を和らげます。こうして、相手の心はあなたに無防備になります。

    このとき、あなたは相手の無防備さを気付かせてあげてください。

    相手は、無防備さを気付かせてくれたあなたに安心感を抱き始めます。こうして相手は、あなたの話を自然に受け入れるようになります。

    この心理状態になったときが、相手を『自分のペースに巻き込む』絶好のタイミングです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    『自分のペースに巻き込む』大切なポイントは、相手の心を開かせることです。

    このためには、あなたが相手に心を開き『相手のペースに巻き込まれる』ことです。

    あなたが、『相手のペースに巻き込まれる』ことで、相手に警戒心やストレスを感じさせずに自然な心の変化の流れに乗って、相手を『自分のペースに巻き込む』ことができます。

    相手を『自分のペースに巻き込む』ためには、強引さは禁物です。

    信頼関係に裏打ちされた自然な会話を通して、あたかも相手が巻き込まれる事を望んでいるかのように『巻き込んであげる』心理操作が大切です。

    ご紹介しました秘訣を様々な人間関係の場面で、無理せずに活かしてください。

    これで、あなたは様々な人間関係に翻弄されない、自然体の卓越者に変貌できますよ。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント