幸せになるために自己開示をうまくできるようになる方法5つ

    自己開示幸せになるためには、実りある人間関係を構築することが基本です。

    多少ミステリアスな部分のある方が、相手の好奇心・興味をそそるという意見もありますが、謎めいているだけでは人間関係は発展しません。

    他人と、ある程度、深い人間関係を構築するためには、自分についての情報を相手にも教える『自己開示』が必要となります。

    自己開示といっても、ありとあらゆる自己情報を相手に伝えるものではありません。むしろ、そのようなことをすれば、伝えられる相手も頭が混乱してしまいます。

    相手に、自分に対して良いイメージをもってもらえるように、自己開示する情報の量や種類をしぼる必要があります。

     

    幸せになるために自己開示をうまくできるようになる方法5つ

     



     

    原則として人々は未知のものに対して不安を抱くことを知る


     

    自己開示において、嘘をついた方がよいと言うわけではないですが、『人は未知に対して不安を抱く』という事を理解する必要があります。

    相手があまり興味を持っていないあなたの情報を自己開示したとしても、相手の予想に反して、あなたの事をオープンな性格というよりも、むしろ、風変りな人と感じてしまいます。

    『あなた』という人間の全体的なイメージが、だいたいで構わないので、つかめるような自己開示を心がけると、相手に安心感を与えるので良いでしょう。

     

    例外として既知のものが求められていない場合もあることに注意する


     

    『常にわかりやすいものが人々から求められているわけではない』場合もあるという事にも注意が必要です。

    近年では、経営組織論や社会動物行動学の分野で、組織における異分子の役割の重要性が論じられています。

    例えば、従来通りの方法でやり続けた結果、右肩下がりの状況におちいってしまった場合、人は、未知の可能性に期待をするという事です。

    わかりやすい性格の人というのは、何をするのか予測しやすく、その点、「つきあいやすい」といったプラスの印象を与えます。しかし、悪くすると、「いくらでも代わりが見つかる」といったマイナスの印象を与えることもあります。

     

    「相互理解を前提とする社会」と「相互無理解を前提とする社会」を区別する


     

    上記のように、わかりやすさのマイナス面にも注意は必要ですが、相手に安心感を与えるためには、わかりやすさを演出することが自己開示の基本となります。

    ミラーとステイバーグの1975年の研究によれば、コミュニケーションで用いられる「データ」には「文化的データ」、「社会学的データ」、「心理的データ」という3つのレベルが想定されています。

    そして、「社会学的データ」、「心理的データ」の社会における蓄積の量によって、「相互理解を前提とする社会」と「相互無理解を前提とする社会」という社会類型が発生します。

    この社会類型によって、相手に安心感を与える自己開示の方法も異なってきます。

     

    「相互理解を前提とする社会」ではステレオタイプを演じる


     

    「社会学的データ」、「心理的データ」の蓄積されている量の多い社会が、「相互理解を前提とする社会」です。

    田舎と都会でいえば、田舎をイメージしてください。

    「相互理解を前提とする社会」においては、「役割」に基づく「お約束」や「社会的カテゴリ」に付随する「データ」が膨大で、そうしたものを「前提」としてコミュニケーションを行われます。

    そのため、ステレオタイプの「役割」を演じる自己開示が相手に安心感を与えることになります。

    「キャラ」という言葉を多用する、いわゆるオタクの人々が普段行うようなキャラづくりが求められます。

    「相互理解を前提とする社会」においては、相手のことを知るために手間をかける習慣を持たない人も多いのです。ありきたりのキャラが求められます。

     

    「相互無理解を前提とする社会」では相手との同質性を強調する


     

    最初から「お約束」の多い「相互理解を前提とする社会」においては、ステレオタイプを演じて「役割」を相手に予測させるような自己開示が、相手に安心感を与えます。

    しかし、「お約束」の少ない「相互無理解を前提とする社会」においては、ステレオタイプに関するお互いの常識そのものが食い違っていることが、しばしばあります。

    「相互理解を前提とする社会」においては、相手のことを知るために手間をかける習慣をもつ人が多いです。

    それには警戒心がつきまとっています。

    その警戒心を解くために、自己開示する情報の量や種類を選択する場合において、相手との共通点を強調することが強く求められます。

     

    まとめ


     

    いかがだったでしょうか?

    基本がわかっていなければ、細かい様々なテクニックを知っていても、使いどころを間違ってしいます。

    今回お伝えした内容は、幸せになるために必要な自己開示の中でも、特に基本となる部分です。

    あなたが自己開示を迫られる場面において、今回の記事の内容をぜひ活用してください。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント