上手な人付き合いに活用しよう!口が悪い人の心理と特徴

口が悪い

世の中には色々な人がいます。

自分と性格が合う人もいれば合わない人もいるでしょう。

特に口が悪い人というのは、周りに不快感を与え、その言葉の矛先が向いてしまった人の心を傷つけてしまうものです。

口が悪い人の言うことだから…と、気にしなければ良いのでしょうが、やはり気になって落ち込んでしまうでしょう。

口が悪い人というのは、どうしてそのように口が悪くなってしまったのでしょうか?

そこで今回は、そんな口が悪い人が持つ特徴やその心理についてお伝えしていきます。

また、口が悪い人との上手な付き合い方や対処方法についてもお伝えしていきますので、日常のコミュニケーションに困ったときに役立ちます。

更に、口が悪い人の言葉遣いを直す方法などもお伝えしていきます。

口が悪い人がどんな気持ちでそうした言葉を使っているのかが分かると、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるのに役立つでしょう。

今後の人付き合いの参考にしてくださいね。

口が悪いってどういう意味?

老若男女を問わず口が悪い人というのは、どこにでもいるものです。

相手のことを考えずに自分の思っていることをはっきり言ったり、使っている言葉遣いが汚い人というのも少なくありません。

本当は気持ちの優しい人なのに、口が悪いだけで相手に悪い印象を与えてしまうと、人間関係を円滑に築くことが難しくなります。

そこで最初に、そもそも口が悪いというのはどういうことなのか、そして口が悪い人というのはどのような言葉を使うのかをお伝えしておきましょう。

そうしたことが分かっていれば、相手の口の悪さを指摘することができますし、自分自身に口が悪いことがあれば、そのことに気づくこともできるでしょう。

そのためにも、まずは口が悪いということの意味をきちんと定義しておきましょう。

口が悪いとは?

そもそも口が悪いとは、どのような意味の状態を指すのでしょうか?

口が悪い状態というものは、大きく分けて2つあると言われています。

第一に、自分が思っていることをストレートに相手にぶつけて、相手の心を傷つけてしまう状態のことです。

この場合、使っている言葉がどんなに丁寧でも相手が傷ついたのであれば口が悪いという評価になってしまいます。

もう一つは、使う言葉そのものが汚い状態です。

どんなに気持ちが優しくても、使っている言葉や言い方が汚いのであれば相手を不快にさせてしまうので、やはり口が悪いと思われてしまうでしょう。

このように…口が悪いという表現には、言葉そのものが汚い・言葉遣いが悪い…という意味だけでなく、相手の気持ちを考えない表現をする、という意味も含まれています。

口が悪い人というのは、悪気があって相手を傷つけている人ばかりではありません。

その人が育ってきた生活環境なども、口が悪くなった要因として大きく関係していると考えられます。

ですから、口が悪いと周りから苦手意識を抱かれますし、あまつさえ「育ちが悪い」と思われることもあるのです。

また口が悪いの類義語には、下記のような表現もあります。

  • 毒舌
  • 辛口
  • 辛辣
  • 口が良くない
  • 口汚い

などの表現たちです。

つまり、一般的に口が悪いという言葉の意味は、言葉遣いが悪い上に「厳しいことを言う」「悪口を言う」ようなことを表す言葉なのです。

口が悪い人がよく使う言葉

では具体的に、周りから口が悪い人だと思われている人がよく使っている言葉についてお伝えしておきます。

先ほどもお伝えしたように、どんなに丁寧な言葉を使っていても相手を傷つけてしまえば口が悪い人だと認識されるでしょうが、第一印象として下記のような言葉を使うと口が悪い印象を相手に与えてしまうことがあります。

そうしたことを踏まえ、またあなた自身がそうした言葉を使っていないか、ぜひ確認してみてくださいね。

お前・てめえ

相手を指す二人称として「あなた」ではなく「お前」や「てめえ」などと呼ぶ人がいますが、この呼び方はあまりにも高圧的で嫌な表現ですね。

最近では、男性女性問わずこのように相手を呼ぶ人が増えてきているようです。

使っている本人にとっては何気ない表現なのでしょうが、第一印象から「お前」では…あまりにも悪印象ですから注意しましょう。

マジ、うぜえ

特に若い世代の人は、比較的気軽に「マジ」「マジで」という表現を使います。

「うぜえ」というのは「鬱陶しい」という意味の表現ですが、あまりきれいな言葉遣いとは言えない表現ですね。

たとえ相手に対して「鬱陶しい」という感情があっても、いきなり「マジ、うぜえ」は失礼な言葉遣いです。

同じ感情表現でも「少し面倒だね」くらい柔らかい表現を心がけると、相手に与える印象が変わります。

くたばれ!

最近の若い人は…なんて表現をあまりしたくはありませんが、やはり比較的若い世代に見られる表現のひとつに「くたばれ」「くたばればいいのに」というものがあります。

会社や学校などで、何か少しでも嫌なことがあると簡単に「くたばれ!」などというのです。

ですが、この言葉は人の生死にも関わる言葉ですから、そんな簡単に使っていい表現ではありません。

やばい

この「やばい」という表現も、最近よく耳にする言葉です。

本来の語彙なら「危ない・危険」という意味合いのある言葉ですが、今はどんな感情の時にもよく使われています。

嬉しい時にも「やばい」ですし、機嫌がよくテンションが上がるときも「やばい」…そもそも、日本語として正しい表現ではないのです。

このように「やばい」を多用することは、自分自身に語彙力が無いということを周囲に明かしているようなもので、自分の評価を下げてしまっています。

若者言葉で、周りがよく使っているからといって、言葉の意味を知らずに使っていると恥ずかしい思いをすることもあるかも知れませんよ。

馬鹿なの?

そもそも「馬鹿」という言葉は、相手を罵倒する言葉です。

少し失敗しただけで「馬鹿なの?」という言葉を使う人は比較的よくいますが、使っている人に悪気が無くても相手は傷ついています。

このような表現をする人の中には「裏表のない性格だから…」と、自分がまるで正義であるような言い方をする人も少なくありません。

相手に言葉を投げかけるときには、受け取る相手の気持ちを汲んで言葉を選ぶようにしましょう。

口が悪い人に共通する特徴と心理

ここからは口が悪い人に共通する特徴と、そうした人の心理についてお伝えしていきます。

周りから口が悪いと思われている人には、たいてい共通した特徴があるものです。

そうした特徴や原因となる心理が分かると、相手に改善を要求するときにも、また自分自身の言葉遣いを見直す時にも役立ちます。

改めて確認し、ぜひ参考にしてみてくださいね。

口が悪い人に共通する特徴

周りから口が悪い人と思われている人に共通する特徴を挙げていきます。

性格や行動、そして環境ごとに分けてお伝えしていきますので、あなたの気になる人や自分自身の言動などをチェックしていきましょう。

性格・行動編

まず口が悪い人が持っている性格や行動の分野から、その特徴を見ていきます。

プライドが高い

自尊心が強くプライドが高い人は、たとえ自分に間違いがあっても素直に認めることができません。

そして、常に自分の意見だけが正しいと思っているため、何とかして相手を言葉で言い負かそうとして口が悪くなる傾向があると言われています。

また、自分自身の持つ価値観や概念だけが正しいと思い込んでいるため、物事を偏った見方で見る傾向もあります。

そうしたことから、強く汚い言葉を使って自分が優位に立とうとします。

その過程で、自己を正当化し何でも人のせいにする場合も多々あります。

このように、プライドが高く自分の意見に固執してしまうと口が悪い人だと思われることがあるのです。

気が強い性格である

プライドの高さと同じくらい「口の悪さ」が垣間見えてしまう性格として「気の強さ」が挙げられます。

気が強いということは、一見して誰とでも臆さず話をすることができるし、思ったことをはっきり発言することができますから、良い性格だとも言えます。

しかし、あまりに気が強すぎると、周りが見えなくなってしまうこともあるため、悪気が無くても相手を傷つける発言をしてしまうことがあるのです。

また、気が強い人の中には正義感が強く、自己主張が激しい人も多く見受けられます。

そうした、間違った正義感や自己主張から、必要以上に相手を攻撃する場合があり、ついつい強い口調で口が悪いと思われているのです。

見栄っ張りである

先ほどお伝えした「気が強い」性格の人の中には、本当は気が小さく、それを悟られたくないために「自分を強く見せたい」と虚勢を張る人も少なからずいます。

実際は、自分に自信がないため見栄を張っているのです。

このような性格の人は、強く見せようとしても根本的には気が弱いため、自分の内面に踏み込まれたくないと思っています。

そのため、牽制球のように強い言葉を相手に投げかけてしまうのです。

俗にいう「自慢ばかりする」「マウントをとる」ような人には、見栄っ張りで気の弱い人が多いと言われています。

そのような見栄による発言は、相手を傷つけるだけでなく、不快にすることもあり、周りから口が悪いと思われるのです。

人の粗探しばかりしている

基本的に、自分のことも相手のことも「ダメな部分」「マイナスな部分」ばかり見るような人がいますが、そうした人も「口が悪くなる」傾向があります。

人の粗探しが得意な人は、自分がいつも相手より優位に立っていると思いたいため、そうした行動を取るのです。

ですから、相手のマイナス面ばかりを見つけて攻撃し、自分の方が相手より偉いのだと横柄な態度を取ってしまいます。

そうして出てきた人のダメな部分やマイナスな部分から、相手に対して愚痴や文句ばかり言っているので口が悪いと思われているのです。

人の意見や話は聞いていない

口が悪い人というのは、何も相手に対して汚い言葉を投げつけたり、相手を罵ってばかりいるわけではありません。

周りから口が悪いと思われている人は、自分の意見を聞いてほしい・自分の意見を通したいと思っている人が多く、そのため基本的に人の話は聞いていません。

人の意見や話を聞いていないので、自分の考えだけで話を押し通そうとする傾向があり、こうした面から「自己中心的」だと周りから思われてしまいます。

そうした性格から周りを困らせるような言動も見受けられるため口が悪いと思われるのです。

全体的に大雑把でガサツである

あなたの周りにいる口が悪い人を観察してみてください。

周りからそうした評価をされている人というのは、デスク周りが整理整頓されていなかったり、行動するたびにどこかにぶつかって大きな音を立てるような…いわゆる「ガサツ」な面が見られます。

そのように、行動のガサツさや大雑把さは言葉遣いにも影響が表れます。

この特徴の場合には、性格の悪い面というよりは「大雑把でガサツ」なために人と話すときにも手を抜いているところが出ているのでしょう。

物事を深く考えず、ガサツな話し方をしてしまうことにより口が悪いと思われているのです。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しく、自分の感情を持て余している人は口が悪いと評価されてしまいがちです。

自分の感情をコントロールできないため、周りに対して悪い言葉遣いをしてしまう傾向が見られます。

感情的になってしまい、周りの気持ちを慮ることができないため感情のまま言葉や態度が相手に対して表れてしまうのでしょう。

そのため、周りからはどうしても口が悪いと思わてしまうのです。

ノリで悪い言葉を使っている

どのような価値観からきているかは定かではありませんが、その場のノリでわざわざ悪い言葉を使っている人も見受けられます。

プライベートな場所で気心の知れた人たちと集まっていると、周りのノリに合わせておきたいと思う心理は誰にでもあるものです。

そのような人は、プライベートな場所では重宝されるようですが、やはりノリであって本心でなくても口が悪い人というのは人に嫌われます。

もし、わざとノリで口が悪いように話している人がいたら、考えを改めた方が良いでしょう。

勘違いしている

口が悪い人の中には、口が悪いということについて勘違いをしている人も多々います。

つまり口が悪いということが「かっこいい」「クールである」と思っているのです。

10代から20代の若い世代の人が少し悪いことにあこがれているようなもので、口が悪いと周りから良く思われると勘違いしてしまっているのです。

学生であれば許されることも、社会人となり目上の人と接する機会が増えれば許されません。

物事をしっかり考えて、自分自身の言葉遣いを見つめ直していきましょう。

環境編

口が悪い人というのは、何も性格や行動だけに問題があるわけではありません。

その人自身が持っている性格などよりも、育ってきた環境などの影響を受けている場合もあります。

周りに男性が多い(女性の場合のみ)

口が悪い人の中でも女性に限り言えることですが、生活している環境に男性が多いと、どうしても言葉遣いが汚くなってしまう傾向が見受けられます。

家族構成も男兄弟ばかりであったり、職場も男性社員が多いなど…そのような環境にいると、言葉遣いが荒くなっても仕方ないのですが、やはり周りを不快にさせるなら言葉遣いは丁寧な方が良いですよね。

たとえ周りの言葉遣いが荒くても、自分だけは丁寧な言葉で周りと接するようにすれば、きっと周りの言葉遣いも変わっていくのではないでしょうか。

親も口が悪い

環境の影響として最も強くその影響が表れるのが「親の言葉遣い」です。

つまり、育った環境によって口が悪いと評価されてしまう場合があるのです。

親の言葉遣いというのは、生まれたときから聞き続けているものなので自然と身についてしまっており、周りから指摘されて初めて気づくことがあるようです。

子どもというのは、親が思っている以上に親の姿を見ていますし、親の話を聞いているものです。

自分自身が親の悪影響を受けないように注意しなくてはなりませんし、あなた自身が親であれば自分の子どもに悪影響を与えないような言葉遣いを心がけていきましょう。

職業の影響

口が悪い人の持つ特徴として育ってきた環境も大きな影響となりますが、毎日通う職場の環境にも影響を及ぼします。

職業で人を区別するわけではありませんが、やはり男性中心の職業となる「建築」や「土木」関係の職業に就いている人というのは言葉遣いが荒くなる傾向が見られます。

そうはいっても、周りの環境のせいにばかりするわけにはいきません。

周りから口が悪いと思われないためには、自分自身が「言葉遣いを丁寧にしよう」という強い意志を持って、常に人と接するよう心がけることが大切です。

男らしさに憧れている

全ての男性が「言葉遣いが荒い」わけではありませんが、やはり強い口調の男性には力強さを感じます。

そうしたパブリックイメージに影響されて、つい「口が悪く」なってしまう人は少なくないようです。

特に、会社などでリーダー格の役職を持っている人にそのような憧れを持っている人が多いようで、強い口調での言葉遣いがパワハラに発展してしまうこともあります。

丁寧な言葉遣いでも、男性らしさをアピールすることはできますし、会社でのリーダーシップも発揮することができます。

そうした勘違いをしないように注意しておきましょう。

指摘してくれる人がいない

環境の問題から口が悪い人だと評価されている人は、身近に「その言葉遣いは間違いだ」と指摘してくれる人がいないのです。

周りに指摘してくれる人がいなければ、状態を改善することはとても難しいでしょう。

口が悪い人というのは、多かれ少なかれ自分自身が口が悪いとも思っていませんから、周りを傷つけている自覚もありません。

むしろ、そうした言葉遣いが自分の個性だと思っている人もいるでしょう。

周りに「そうした言葉遣いは非常識だ」と指摘してもらい、今一度改めて自分の言葉遣いや周りの口の悪さを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

口が悪い人の心理や原因

このように、ただ口が悪いといっても色々な特徴があり、その特徴の先にはそのように口が悪い人になってしまう原因や心理があります。

そのように口が悪い人の心理を理解すると、相手に指摘して改善を促すことができますし、あなたも傷つかずに済みますよね。

そんな口が悪い人の心理や原因を見ていきましょう。

自分のキャラクターを勘違いしている

例えば芸能人などは、敢えて口が悪い「毒舌キャラ」などというものを売りにしている場合があります。

それは、その芸能人がある程度の立ち位置で人々から信頼されているから成立するのであり、一般人の私たちがそれを演じてもあまり得はしないのではないでしょうか。

また、荒い言葉遣いの方が周りから「おもしろい」「かっこいい」と思われていると勘違いしている場合もあり、そのように振る舞うことで反対に周りから疎まれてしまうこともあります。

自分のキャラクターを勘違いしているのであれば、今すぐキャラクター修正を試みましょう。

イライラしている

自分の気持ちがイライラしている時に話をすると口が悪い状態になってしまうことは、比較的誰にでもあるのではないでしょうか。

イライラしていることにより、口調が強くなったり言葉遣いが悪くなってしまうことはないでしょうか。

周りから口が悪い人だと思われている人は、常にストレスがたまっておりイライラしている可能性があります。

そうした心理を抱えている人は、言葉遣いとともに自分のストレスケアに努める必要があります。

自分自身の感情をうまくコントロールし、イライラしなくなればきっと「口の悪さ」も改善されるでしょう。

自分の意見が正しいと思っている

プライドが高い人ほど、人の意見には耳を貸さず、常に「自分の意見が正しい」と思い込む傾向があります。

そのような心理を持つ人は、自分の意見を通すために周りを言い負かそうとするあまり口が悪い状態になってしまうようです。

自分の意見とは違う考えを聞くと、相手を馬鹿にしたりする傾向があるため、その心理が言葉遣いや口調に表れるのです。

何も考えていない

実際に口が悪い人に、どうしてそのような言葉遣いをするのか尋ねると、意外と「何も考えていない」ということが多々あります。

そうした場合には、自分の頭に思い浮かんだことをそのまま口に出している場合が多く、そもそも使っている言葉が良い言葉なのか悪い言葉なのかも考えずに使っていることもあるのです。

このように、何も考えずに話している人には、その都度言葉遣いを指摘してあげると良いかも知れませんね。

隠し事をしている

心にやましい気持ちがあると、いつもだったら言わないような発言をしてしまうのも、ある意味人の心理です。

つまり…隠し事がある人というのは、その隠し事に触れられたくないという思いが強いため、話題を逸らすために「口が悪く」なっても隠そうとするのです。

しかし、あまりに口が悪いと何かやましいことがあるのでは?と思われるので、本当に隠し事を知られたくなければ言葉遣いに注意した方が良いでしょう。

相手に気を許している

口が悪い状態になってしまう原因として、相手に気を許している心理が働いているからだという場合もあります。

それは「この人であれば許してくれる」と信頼しているからこそ、口が悪くなってしまうのでしょう。

お互いに気心が知れているなら、口が悪いと指摘することも難しくはないかも知れませんね。

相手への配慮を忘れず、誤解をされないような言葉を選んで指摘してあげましょう。

口が悪いと指摘できるのは、気を許し合い信頼している相手だからこそです。

口が悪い人への対処方法

ここまで口が悪い人の特徴や心理などをお伝えしてきましたが、そこまで理解できれば改善への道もあるのではないでしょうか。

そこでここからは、実際に口が悪い人への対処方法をお伝えしていきます。

口が悪い人が友達であれば上手く指摘してあげることもできますし、会社の上司などの場合には指摘すると揉めることもあるかも知れませんから聞き流す方が良いでしょう。

そのように、相手の立場やシチュエーションによってどう対処すれば良いかが変わりますので、それも合わせてお伝えしていきます。

口が悪い人との上手な付き合い方

この人は「口が悪いなぁ」と思っても、うまく付き合っていかなくてはならない相手もいますよね。

そんな場合にどう対処すれば良いのか…口が悪い人との上手な付き合い方をお伝えしましょう。

話を聞き流す

相手があなたにとってどのような立場の人だとしても、相手の性格がとても気が強くプライドが高かったりすると、口の悪さを指摘した時に反発される恐れがあります。

そういう性格の人への上手な付き合い方として一番ベストなのは、やはり話を「聞き流す」という方法ではないでしょうか。

しかし、ただ聞き流すだけでは相手の機嫌を損ねてしまう恐れがあります。

そうならないように、きちんと相槌をうって「あなたの話を聞いているよ」というアピールをしつつ、話を聞き流すようにしましょう。

そして、あくまでこちらは態度を変えずに接していくと、自然と相手の方が口が悪いことに気づくかもしれません。

敢えてハキハキと話す

口が悪い人というのは、言葉遣いが汚いだけでなく強い口調で話してくることも多々あります。

そんな時には、相手の強い口調に言い負かされないように、敢えてハキハキと話すように心がけてみてください。

どんなに口が悪い相手にも、丁寧な言葉遣いで対応しつつハッキリと自己主張していけば、相手も少しは自分の口の悪さを改める気持ちになるかもしれません。

もしあなたが、相手の口の悪さに傷ついたなら尚更です。

ハキハキとした口調で、きちんと自分の気持ちを伝えましょう。

丁寧な言葉遣いで指摘する

どんな相手にも間違いを指摘することは大切ですが、特に自分の大切な人がもし口が悪いのであれば、しっかり直してもらいたいものです。

その時には、強い口調で指摘するのではなく、優しく丁寧な口調と言葉遣いで口が悪いことを指摘してあげてください。

あなたのパートナーが、もし「嫌われたくない」という気持ちを持っていたら、その指摘に従ってくれるかもしれません。

色々な理由で口が悪い場合もありますから、最初からすべてを改善してもらおうと思わず、まずは外でだけでも丁寧な言葉遣いをするように声掛けしてみましょう。

他の人に相談してみる

口が悪い人が、自分の上司など目上の立場の人である場合、どうしてもその口の悪さを指摘することは難しいでしょう。

特に会社の上司が口が悪い人で、あなたがその言葉に傷ついているのであれば、それはもはやパワハラやモラハラに当たります。

そうした場面では、自分一人で解決しようとせず更に上の上司に相談してみると良いでしょう。

いずれにしても、1人で我慢せず誰かに相談して一緒に解決の道を図ることが大切ですから、我慢せず信頼できる人に相談するようにしましょう。

できるだけ会話をしないようにする

この方法が一番消極的な方法かもしれませんが…できるだけ口が悪い人とは会話をしないようにする、という方法もあります。

例えば、先ほどのように上司の口が悪い場合、毎日その口の悪さに付き合っていると、あなたの方が病気になってしまうかもしれません。

そうした場合には、会社に相談をしてその上司とは関わらなくても良い部署に変えてもらうと良いでしょう。

もし友人やパートナーの口が悪い場合には、先ほどお伝えした方法を試してみてください。

それでも改善されず、加えてあなたの我慢が限界を超えたときには、その関係を終了することも視野に入れておいてください。

口が悪いということは、それだけ人間関係に大きな影響を及ぼすことなのです。

言葉遣いを改善する方法

最後に、もしあなた自身が周囲から口が悪いと指摘された時に、どのようにしてその言葉遣いを改善すれば良いかをお伝えしておきます。

口が悪くなった原因やそれに関わる心理には様々な要因がありますから、すぐに改善するかどうかは分かりません。

しかし、何事も挑戦してみなくては分かりませんから、これからお伝えする方法を参考にしてみてくださいね。

一度考えてから発言する

口が悪い人の中には、意外と何も考えていない人が少なくありません。

思っていることを特に深く考えず、そのまま相手に話してしまうので、時と場合によっては相手を傷つけてしまうのです。

ですから、まず何か発言するときには思ったことをそのまま口にせず、一度少し考えてから言葉を発するようにしてみてください。

「この言葉を言うと相手はどんな気持ちになるか」を考えましょう。

また「口の悪い人」に指摘をする場合にも、相手を傷つけない言い方を考えて指摘すると良いでしょう。

会話というものは、このようにお互いの気持ちを推し量ることで円滑に進めることができるのです。

丁寧な言葉遣いを心がける

一度習慣づいた言葉遣いは、そう簡単に変わるものではありません。

育った環境の影響や性格なども大きく関係してきます。

ですから、言葉遣いに注意するようになったからといって、急に丁寧な言葉遣いができるようになるわけではないのです。

毎日地道にコツコツと、丁寧な言葉遣いを心がけていくことによって、少しずつ話し方が変わっていきます。

話し方を意識するようになると、自然と性格も穏やかになっていくかもしれません。

何事も「一日にしてならず」。

日々の心がけを大切にして、丁寧な言葉遣いを身に付けていきましょう。

正しい言葉遣いやマナーの本を読んでみる

親しい友人やパートナーとの会話で口が悪いところを改善することができても、会社などの公の場での言葉遣いが悪ければ、あなたへの周りの評価は変わりません。

ですから、きちんとTPOをわきまえた正しい言葉遣いを身に付けることも大切なことなのです。

私たちは日本人ではありますが、意外と正しい日本語の使い方や言葉遣いを理解していません。

そうしたことをきちんと身に付けたいと思った時には、やはり一度正しい言葉遣いやマナーなどの本を読んでみることをおすすめします。

自らの意思で「正しい言葉遣いを学ぼう」と思ったら、きっとすぐに言葉遣いが上達していきますよ。

自分自身が口が悪いことを自覚する

言葉遣いを改善する方法も色々ありますが、中でも一番重要なのは「自覚をする」ということです。

周りから「言葉遣いが悪い」口が悪いと指摘されても、自分自身が自覚できず、認めることができなければ変わりません。

そうした認識のまま、いくら改善方法を試してみても身に付くことはないでしょう。

周りの人たちも、決して指摘したくてしているわけではないはずです。

言い返されるかもしれないと思いながら、勇気を出して指摘してくれた人もいるのではないでしょうか。

そのような人たちの気持ちに、今こそ真摯に答えるべきです。

そのためにも、まずは指摘されたあなた自身が、自分の「口の悪さ」を自覚するようにしましょう。

まとめ

このように…口が悪い人とも上手く付き合っていくためには、まともに相手にせず聞き流すようにすることも大切です。

しかし、どうしても直してほしいことがあるなら、相手にきちんと伝えてあげて本人に気づかせてあげるようにしてみましょう。

自分一人で伝えてもダメな時には、何人かで伝えるのも効果的です。

色々な方法がありますから、ぜひ活用してくださいね。

また、もしあなた自身が周りから口が悪いと指摘された時には、決して反発せずに受け入れましょう。

自分のことをきちんと理解して、そうした口の悪さを自覚することで、あなたの言葉遣いも美しく変わっていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。