繊細な人の特徴は?自分らしさを大切にして生きる方法とは

相手の気持ちを自分のことのように考えてしまう傾向が強い繊細な人。

繊細な人は一般的に、誰にでも優しく、場を読む力も強い反面、ちょっとした言葉や態度で傷つき、疲れやすいです。そのため、結果として相手に気を遣わせてしまいます。

そして、そんな自分を嫌になり、自己嫌悪に陥るだけでなく、気を遣わせたことへの罪悪感を持ってしまうことになります。

自分でも「生きにくさ」を感じている繊細な人が自分らしく生きるには、自分の心理的特徴知って自分の長所を生かすほかありません。

今回は、

  • 繊細な人が自分を理解するにはどうすればよいか
  • 自分とうまく付き合う方法にはどんなものがあるか
  • 繊細な自分の長所を生かすにはどんな方法があるか

 

をご紹介します。

 

繊細な人の特徴は?自分らしさを大切にして生きる方法とは

 



 

繊細な人の特徴は?


繊細な人の特徴には、下記のようなものがあります。

  • 物事を感情から捉える
  • 相手の気持ちを自分のことのように共感しがち
  • 誰にでも気を使い、優しい印象を与える
  • 場を読んで行動するため、八方美人に見られてしまう
  • いろいろと考えすぎて、即決できない、迷ってしまう
  • 相手の言葉に必要以上に傷ついたり、落ち込んだりしてしまう
  • 感情豊かで、喜怒哀楽が判りやすい
  • 誰かに見られている、そのプレッシャーに弱いため実技試験などに弱い
  • 大きな音や苦手な音に反応してしまう
  • ホラー映画など、不安や恐怖を感じるものを見ると疲れる
  • 一度に色々なことを言われると、キャパオーバーになってしまう
  • 痛みに弱く、精神的に疲れやすい
  • 気が付くと、集団から外れてひとりでいることがある
  • 自分はとても、「生きにくい性格」だと感じ、自分を好きになれない

 

繊細な人は、他人の痛みやつらさ、言葉としてまとまっていない感情さえも感じとることができため、その場の雰囲気を読む力に長けた優しい人でもあります。

にもかかわらず、相手のちょっとした言葉で簡単に傷つき疲れてしまい、自分のことを「生きにくい性格」だと感じているのはなぜなのでしょうか。

 

繊細な人の心理とは


繊細な人は、言葉にならない曖昧な気持ちなどの心の深い部分にある感情を感じることができるため、相手の気持ちに共感や同感をしがちです。

同時に、相手のことを客観的に捉えるのではなく、わが事のように感じてしまうため、自分の気持ちのバランスを崩してしまうことが多くなります。

相手に合わせよう、相手に不快な気持ちを抱かせないでおこうと考えてしまうために、相手の顔色を伺うことが多くなります。結果、何かを決断することが苦手になり、精神的にへとへとになってしまうのです。

そのため、相手の小さな棘のある言葉をよける精神的余力がなくなり、簡単に傷ついてしまい、回復するのに時間がかかってしまいます。

さらに、傷つきやすいことで、相手が自分に気を遣うようになると、そんな自分が嫌になってしまい、「生きにくい」と感じてしまうのです。

つまり、繊細な人の心理的特徴とは

  • 相手の心の機微を読む力はあるのに、自分の心を守る防衛力が低い。
  • 相手に気を遣わせてしまう自分に罪悪感や自己否定の気持ちを抱いている。

 

この2つにまとめることができます。

 

繊細な人が自分を受け入れる方法とは


繊細な人が自分を受け入れるには、気を遣ってへとへとになってしまう自分を受け入れることです。

自分の至らなさを責め、自分を好きになれない繊細な人が、自分を受け入れる方法を下記に示します。

  • 傷つきやすい自分を責めない
  • 自分の感情の豊かさを好きになる
  • 自分のパーソナルスペースを大切にする
  • 相手の気持ちを推し量りすぎずに、相手に気持ちを聴いて理解する
  • 自分が感じたことを、相手に伝えて理解してもらう
  • ホラー映画など、自分が苦手なことや物には近づかない
  • 決断したら迷わないように心がける
  • 時には、断る勇気をもつ
  • 疲れた時は、早く休む
  • 空腹になる前に、エネルギーを補給する
  • 静かな環境や好きなことで時間を費やし、自分を取り戻す

 

人の気持ちに寄り添いすぎてしまうからこそ、エネルギー不足となり、ネガティブシンキングに陥ってしまいます。

そうならないためには、自分を責めるよりも、他人との適切な距離感をもちつつ、エネルギー補給をすることが、自分を受け入れる近道です。

 

繊細な人が向いている仕事とは


繊細な人の特徴は、人の心の機微を感じとることができることと、場を読む能力が高いことです。

その能力を強みとして発揮できる仕事には、下記のようなものがあります。

<繊細な人の適職一覧>

  • 看護師や介護職などの医療福祉関係
  • カウンセラーなどの心理職
  • 接客業
  • 自営業
  • 作家 など

 

人の気持ちの曖昧な部分や深層心理を読む力があるからこそ、相手の気持ちに寄り添い、相手が言葉にできない思いやニーズを引き出すことができます

また、どの職業もマニュアル通りにはいかない人相手の仕事だからこそ、仕事内容の自由度が高いです。それが繊細な人にとっては、逆に働きやすいと思われます。

時には、黙々と自分と相手(作品)だけの関係性にのめりこめる点も、繊細な人には向いているのです。

 

まとめ


繊細な人は、周囲の人に気を使いすぎてしまい、精神的に疲れてしまいがちです。

そのため、時にはひとりになれる場所にいったり、相手と距離を置く(距離感を保つ)ことが自分を守ることになります。

同時に、相手の気持ちを決めつけすぎずに、言葉に出して確認しあい、自分の気持ちも相手に理解してもらう努力をすることも大切です。

ですが、繊細な人には、他人の気持ちの変化に敏感だからこそ、活かせる職業も多くあります。

自分の特徴を強みにして、相手に引きこまれすぎずに相手の気持ちに適切に寄り添うことで、自分を活かし、相手を癒してください。

当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事ができるのです。

「ココロクリア」では、専任のプロ鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント